×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鼻 角栓

鼻の角栓について

角栓の処理どうされてますか?

角栓って言うのは毛穴すっきりパックとか、よくCMでありますよね。毛穴の中に油汚れのゴマみたいなものが詰まってるやつです。

一般的に毛穴などに皮膚の脂、皮脂や汚れが毛穴に詰まってできるみたいです。角栓が一番目立つのは鼻でしょう。鼻の表面を触ってやるとぶつぶつがある人もいるかもしれません。

そこまでいってしまうと、毛穴が開いてしまっているので、角栓を除去したとしても開いた毛穴にすぐに汚れが詰まってしまいます。そうならないためには、開いた毛穴を閉じてやらなければなりません。

蒸しタオルなどで小鼻の表面を暖めてやると、一時的に毛穴が開き角栓が取れやすくなります。その跡に洗顔したり、ピンセットや毛抜きで抜いてやるといいでしょう。鼻を暖めてやると無理なく抜けるので、それがポイントです。

小鼻の角栓を除去する時の注意

毎日生活しているなかで、毛穴には皮脂や脂汚れがたまって角栓になります。これは、普通に生活して毎日洗顔をしていても少しずつですが必ずできてしまうのでしょうがないといえばしょうがないんです。

角栓ができてしまうと鼻の表面がぶつぶつしたり、毛穴の黒ずみになったりしてしまいます。ここで気をつけてほしいことがあるんですが、気になってしまうあまり、鼻を両手で左右から圧迫してしまうことがあります。こうすると角栓がニュルッと飛び出てくるんですよね。

そうすることで角栓は確かに出てきますが、圧迫してしまうせいで毛穴が開いてしまうんです。そのあとに洗顔をして化粧水などで毛穴を引き締めたりすればよいですが、やはりあまりうまいやり方ではありません。

スポンサードリンク

看護士の仕事内容は?